Press Release

イクシア、様々なクラウド環境のネットワークセキュリティを 包括的に検証する「BreakingPoint Cloud」を発表

Posted 11/09/2017

米国カリフォルニア州カラバサス 2017年11月8日 – Keysight Technologiesの事業部門の一つで、ネットワークテスト/可視化/セキュリティソリューションの大手プロバイダーであるイクシア(米カリフォルニア州カラバサス)は、SaaS(Software-as-a-Service)ソリューションであるBreakingPoint Cloudを発表しました。このソリューションは、データ侵害と攻撃手段を安全にモデル化し、プライベート、パブリック、ハイブリッドを問わず、クラウドベースのデータ/アプリケーションセキュリティの有効性を即座に把握し、定量化された情報を提供します。

多くの企業が、ハイブリッドエンタープライズモデルを採用しながら、業務のクラウド移行を進めています。クラウドはかつてない柔軟性を提供すると同時に、ネットワーク境界と監視対象領域を拡大します。データはクラウドに送信され、クラウドで利用され、クラウドに保存されます。Forbes によれば、2019年までにクラウドアプリケーションが世界のモバイルデータトラフィックの90%を占めると予想されています。しかし、イクシアが委託した最近の調査では、回答者の90%以上が、パブリッククラウドにおけるデータとアプリケーションのセキュリティに対する懸念を持っています。また、回答者の60%近くが、パブリッククラウド環境ではデータトラフィックの可視化が困難であると報告しました。

イクシアのプロダクトマネジメント担当バイスプレジデントであるスニル・カリディンディ(Sunil Kalidindi)は、次のように述べています。「企業は様々なビジネス上の理由でクラウドを利用する必要がありますが、データやアプリケーションの安全性とセキュリティを確認したいと考えています。BreakingPoint Cloudは、パブリック、プライベート、ハイブリッドクラウドに対応する事前リスク評価ソリューションであり、データに基づく情報によって、企業のセキュリティ対策が最適に機能するための支援を行います。これにより、企業は最新のセキュリティ侵害を軽減できるようになります」。

BreakingPoint Cloudは、現実的なリーチと攻撃のシミュレーションにより、企業によるセキュリティ手順/手続きの最適化と「検知、対応、改善」に貢献します。企業は、データ/アプリケーションセキュリティに対して予測的な対策を実行するだけでなく、セキュリティスタッフのスキルを向上させ、プロセスを合理化して効率を高めることができます。また、DDoS緩和ソリューションの検証だけでなく、よりターゲットを絞った攻撃のシミュレーションも行います。

BreakingPoint Cloud は、イクシアのApplication and Threat Intelligence(ATI)研究センターから提供される継続的にアップデートされた脅威情報を定期的に取得します。BreakingPoint Cloudを導入することで、企業はセキュリティ上の不適切な設定を解消し、新しいリスクによる影響を事前に把握し、セキュリティ監査のための情報を得るができます。

イクシアのATI(Application and Threat Intelligence)研究センターは、10年以上にわたり高度なセキュリティ研究を行い、世界のあらゆる業界の最新アップデートを提供しています。最新のアプリケーションシグネチャーは、ディープパケットインスペクション(DPI)ソリューションのセキュリティとパフォーマンスを検証する際に使用されます。ライブマルウェア、ボットネットのパターン、新しい攻撃、不正行為者の位置などの脅威情報は、セキュリティ装置の保護機能の検証に使用されます。

Ixiaについて

2017年4月よりKeysight Technologiesの一部となったイクシアは、企業、サービスプロバイダ、およびネットワーク機器メーカーに対して、ネットワークおよびクラウド環境を強化するためのテスト、可視化、およびセキュリティの各ソリューションを提供しています。イクシアは、開発、導入、運用を行うための信頼できる環境を企業に提供します。イクシアのソリューションにより、世界中の顧客が、Ixiaの製品を使用してデザインを検証し、パフォーマンスを最適化し、ネットワークとクラウド環境のセキュリティを強化しています。イクシアの詳細情報は、https://www.ixiacom.com/ja をご覧ください。

Keysight Technologiesについて

Keysight Technologiesは、エンジニアリング、エンタープライズ、およびサービスプロバイダがネットワークを最適化し、電子製品をより迅速かつ低コストで市場に投入することを支援する大手テクノロジー企業です。Keysightのソリューションは、設計シミュレーションから、プロトタイプ検証、製造テスト、ネットワーク/クラウド環境の最適化まで、電子的信号の存在するすべての分野を対象としています。顧客は世界中の通信業界、航空宇宙/国防、自動車、エネルギー、半導体、および一般電子機器市場に亘ります。Keysightの2016会計年度の売上高は29億ドルでした。2017年4月、Keysightはネットワークテスト、可視化、およびセキュリティ大手のイクシアを買収しました。

Keysight Technologiesの詳細情報は、www.keysight.com をご覧ください。

Ixia、Ixiaのロゴ、Active SSL、SecureStack、およびVision ONEは、米国および他の司法管区におけるイクシアの商標または登録商標です。ここで使用しているその他すべての商標は、各所有企業に帰属します。 <<報道関係のお問い合わせ先>>
株式会社井之上パブリックリレーションズ
イクシアコミュニケーションズ広報 担当:小島 / ロギノフ
Tel: 03-5269-2301 Email: ixia@inoue-pr.com

<<イクシア製品に関するお問い合わせ先>>
イクシアコミュニケーションズ株式会社
Tel: 03-5326-1948(代表)Email: info-japan@ixiacom.com

1 https://www.forbes.com/sites/louiscolumbus/2015/09/27/roundup-of-cloud-computing-forecasts-and-market-estimates-q3-update-2015/#196c87702308

Press Contact