Press Release

イクシア、金融市場向けの次世代マーケットデータ監視プラットフォーム『TradeVision』を発表

Posted 11/22/2017

米国カリフォルニア州カラバサス 2017年11月14日 – Keysight Technologiesの事業部門の一つで、ネットワークテスト/可視化/セキュリティソリューションの大手プロバイダーであるイクシア(米カリフォルニア州カラバサス)は、マーケットデータ監視プラットフォーム『TradeVision』を発表しました。これは、何百もの金融取引機関を事前にプログラムすることで、マーケットフィードの健全性監視機能と高度なネットワーク可視化機能の両方を提供する、初のソリューションです。TradeVisionは、証券取引所、投資銀行、金融情報サービス企業、クオンツトレーディング会社など、リアルタイムで直接取引マーケットデータを取り込む企業をサポートします。

リアルタイムのマーケットフィードを利用または発信する市場関係者にとって、データフィードのクオリティ低下の迅速な検出は非常に重要な問題です。金融市場ネットワークがより高速かつ複雑になっている今、高精度のギャップ検出およびフィードチャネルの健全性維持に対する需要が高まってきています。

TradeVisionは、イクシアのTradeView製品のマーケットフィードデータ技術と、同社のターンキー型Vision ONEネットワークパケットブローカーを組み合わせた新しいプラットフォームです。管理しやすい単一のプラットフォームにより、ギャップ検出、フィードとチャネルの健全性/統計、高精度のタイムスタンプ、マイクロバースト検出機能のほか、タップアグリゲーションとフィルタリングの機能を提供します。Vision ONEプラットフォームにより、複数のイクシアVisionネットワークパケットブローカーを一元管理でき、大規模な環境にも対応します。

イクシアのプロダクトマネジメント担当バイスプレジデントのスコット・レジスター(Scott Register)は、次のように述べています。「金融市場での取引量は世界中で増え続けており、金融機関のIT部門は常にデータ容量を拡張する必要に迫られています。マーケットデータに関して言えば、パケットの1つひとつが重要です。TradeVisionにより、ITチームはマーケットフィード監視インフラをネットワーク可視化管理に統合し、コストの削減とネットワーク設計の簡素化を同時に達成することができます。」

TradeVisionは、マーケットフィードの健全性監視と高度なネットワーク可視化を統合したプラットフォームであり、以下のような幅広いメリットを提供します。

  • マーケットフィードの健全性監視機能と、アグリゲーション、フィルタリング、ネットワーク可視化機能を統合することでネットワーク設計を簡素化し、コストの削減を実現
  • ネイティブで40Gのポートキャパシティにより、配線の変更なしに高速ネットワークへの移行が可能
  • マイクロ秒単位のパケットタイムスタンプなどの高度な機能により、サードパーティの取引解析ツールに幅広く対応・連携
  • 健全性データのチャネルフィードにより、障害分離と修復にかかる時間を大幅に短縮
  • 予めプログラムされた取引フィードにより、設定と構成を簡易化
  • 事前計画機能により、容量不足によるマーケットフィードデータの途切れを防止
  • ネットワーク輻輳の迅速な検出と自動アラート機能

ニュージーランドに本社を構える、ネットワーク監視サービスを提供するEndace社の製品管理担当バイスプレジデントであるケーリー・ライト(Cary Wright)氏は、次のように述べています。「TradeVisionの強力な検出機能とEndaceProbeネットワークレコーダーの正確な取引データ記録/再生機能により、オペレーターは、マーケットフィードを監視し、影響が出る前に問題に対処するための最適なソリューションを得ることができます。」

IXIAについて

2017年4月よりKeysight Technologiesの一部となったイクシアは、企業、サービスプロバイダ、およびネットワーク機器メーカーに対して、ネットワークおよびクラウド環境を強化するためのテスト、可視化、およびセキュリティの各ソリューションを提供しています。イクシアは、開発、導入、運用を行うための信頼できる環境を企業に提供します。イクシアのソリューションにより、世界中の顧客が、Ixiaの製品を使用してデザインを検証し、パフォーマンスを最適化し、ネットワークとクラウド環境のセキュリティを強化しています。イクシアの詳細情報は、https://www.ixiacom.com/ja をご覧ください。

Keysight Technologiesについて

Keysight Technologiesは、エンジニアリング、エンタープライズ、およびサービスプロバイダがネットワークを最適化し、電子製品をより迅速かつ低コストで市場に投入することを支援する大手テクノロジー企業です。Keysightのソリューションは、設計シミュレーションから、プロトタイプ検証、製造テスト、ネットワーク/クラウド環境の最適化まで、電子的信号の存在するすべての分野を対象としています。顧客は世界中の通信業界、航空宇宙/国防、自動車、エネルギー、半導体、および一般電子機器市場に亘ります。Keysightの2016会計年度の売上高は29億ドルでした。2017年4月、Keysightはネットワークテスト、可視化、およびセキュリティ大手のイクシアを買収しました。

Keysight Technologiesの詳細情報は、www.keysight.com をご覧ください。


Ixia、Ixiaのロゴ、TradeView、およびVision ONEは、米国および他の司法管区におけるイクシアの商標または登録商標です。ここで使用しているその他すべての商標は、各所有企業に帰属します。

<<報道関係のお問い合わせ先>>
株式会社井之上パブリックリレーションズ
イクシアコミュニケーションズ広報 担当:秦/ロギノフ
Tel: 03-5269-2301 Email: ixia@inoue-pr.com


<<イクシア製品に関するお問い合わせ先>>
イクシアコミュニケーションズ株式会社
Tel: 03-5326-1948(代表)Email: info-japan@ixiacom.com

Press Contact