Press Release

キーサイトのイクシアグループ、業界最高密度と省スペースを実現した400GEテストソリューションであるAresONE-400GEをInterop Tokyoで世界で初めて披露

Posted 06/12/2018

報道関係者からのお問い合わせ
キーサイト・テクノロジー合同会社
広報担当 土肥(どひ)
電話:042-660-8589

株式会社井之上パブリックリレーションズ
キーサイト・テクノロジー広報担当: 秦/ロギノフ
keysight@inoue-pr.com
電話: 03-5269-2301 (代)

お客様からのお問い合わせ
キーサイト・テクノロジー合同会社
イクシアソリューショングループ
info-japan.pdl-ix@keysight.com
電話: 03-5326-1948
 

Interop TokyoのBest of Showのファイナリストに選出

東京、2018年6月12日発 – エンタープライズ、サービスプロバイダー、政府などのお客様がイノベーションを加速し、あらゆるものが安全につながる世界の実現を支援する、キーサイト・テクノロジー合同会社(職務執行者社長:チエ ジュン、本社:東京都八王子市高倉町9番1号)は、6月13日〜15日に幕張メッセで開催されるInterop Toyko(ブース4Y16)でAresONE-400GEのデモンストレーションを実施すると発表しました。AresONE-400GEは、PAM-4エンコード信号を使用した56 Gbpsの電気インタフェースをベースとした、固定シャーシ2ラックユニット(RU)による初の高密度8ポート400ギガビットイーサネット(GE)テストシステムです。

400GEへの進化は、かつてないペースで進んでいます。400GEのエコシステムでビジネスを展開する企業は、高密度のテストおよび検証ソリューションを手頃な価格で利用することを求めています。同時に、これらの企業は、すべてのイーサネット速度要件を、コンパクトな形状かつより省電力で検証できるテスト機器を必要としています。

AreasONE-400GEは、チップおよび特定用途向け集積回路(ASIC)メーカー、ネットワーク機器メーカー(NEM)、およびハイパースケールデータセンターのオペレータおよびキャリアなど、ポート数の多いテストニーズを満たすように設計されています。また、当製品はInterop TokyoでBest of Show Award 2018のファイナリストに選ばれています。

当社イクシアソリューショングループの製品管理のバイスプレジデントであるSunil Kalidindiは以下のように述べています。「400GEのテストには高密度が必要です。これまではハードウェアのアップグレードを必要とする、高額で消費電力の大きなラック型の機器への投資が不可欠でした。業界をリードし実績のある、K400テストソリューションファミリーで構築されたAreasONE-400GEは、他のソリューションと比較し、4倍多くのポートを持つ高密度8ポート400GE固定シャーシテストシステムです。複数のフィールドアップグレードオプションを使用することで、必要に合わせて拡張することもできるため、高密度400GEテスト装置の使用期間を延ばし、投資効果を改善させることができます。」

AreasONE-400GE を用いることで、32ポートまたは36ポート400GEネットワークデバイスのリリースを見据えながら、IEEE802.3bsおよびIEEE802.3cd規格ベースのルーター、スイッチ、サーバなどの高密度ポートデバイスを、すべてのイーサネット速度、すなわち 200G / 100G / 50Gで、テストすることができます。

AreasONE-400GE には、以下の特長があります:

  • 広範囲のレイヤー 2/3プロトコルをカバーした、拡張およびパフォーマンステスト
  • マルチレートイーサネットに対応する各々の8ポートは、ファンアウトオプションの2x200GE、4x100GE、8x50GEの速度に対応する1x400GEをサポート
  • 包括的なRS-544フォワードエラー訂正(FEC)統計とシンボルエラー挿入テスト
  • 5つのAreasONE-400GEユニットを同期させて、わずか8つのRUを1つのテストベッドで400GEの最大40ポートを即座に構築する機能
  • 従来のモジュール型シャーシとテストロードモジュール型と比較して、最大50%の消費電力を削減

 

AreasONE-400GEには、4ポートおよび8ポートモデルがあり、単純なパケットブラストとRFCベンチマークテストから高度な複雑なL2/3ネットワークプロトコルエミュレーションアプリケーションに至るまで、様々なパフォーマンスに対応します。

Interop Tokyoでイクシアは、Source Photonicsの第2世代アルファ版のLR8 QSFP-DD光学部品を使用して、新しい AreasONE-400GE プラットフォームを、既にリリースされているK400プラットフォームと対向させ400GEのフルラインレートで動作させる展示を実施します。残りのポートでは、複数のベンダーによる様々な長さのカッパーケーブルを直接接続し、フルラインレートで動作することができます。新しいAreasONE-400GEプラットフォームは、3.2Tbpsのイーサネットトラフィックを集約します。

キーサイト・テクノロジーについて

キーサイト・テクノロジーは、エンタープライズ、サービスプロバイダー、政府などのお客様が、イノベーションを加速し、あらゆるものが安全につながる世界の実現を支援するテクノロジーカンパニーです。 当社は、お客様がより迅速に低価格で市場導入できるように、 設計シミュレーションから、プロトタイプ検証、製造テスト、ネットワークやクラウド環境の最適化などのソリューションを提供しています。当社のお客様は、世界各国の通信エコシステム、航空宇宙/防衛、自動車、エネルギー、半導体、一般電子機器のエンドマーケットなど、多岐にわたっています。2017年度の売上高は32億ドルでした。2017年4月に、キーサイトはネットワークテスト、可視性、セキュリティにおけるリーディングカンパニーであるイクシアを買収しました。キーサイトの詳細については、以下のウェブサイトでご覧いただけます。www.keysight.co.jp

Press Contact