現状のネットワーク品質状況を検証し問題をスピーディに解決
Keysight Hawkeye Laptop Screen

HAWKEYE:アクティブなネットワーク監視

Hawkeyeで、能動的・定期的にネットワーク通信品質をテストし、ユーザーが問題に遭遇する前に問題を特定し解決することができます。アクティブモニタリングにより、在宅勤務時に使用されるユニファイドコミュニケーションの体感品質の評価が容易になります。

Hawkeyeの詳細

Keysight VPN Gateway Assessment Service

SSL VPNゲートウェイ評価サービス

在宅勤務時のVPN接続は問題ないでしょうか?VPNインフラストラクチャを限界まで引き上げる、制御された現実的なパフォーマンステストで、VPNの容量とパフォーマンスをプロアクティブに検証します。

もっと詳しく知る

Home Icon

在宅勤務ユーザーのサービス利用中断を最小限に抑える

Collaboration Tools Icon

ビジネスに重要なコラボレーションツールの体感品質を検証

Test Icon

VPNゲートウェイのストレステストでダウンタイムを防止

ウェビナー(英語):FOCUS ON BUSINESS — NOT IF YOUR NEXT CALL WILL WORK

ネットワークが期待されるパフォーマンスを発揮していないと、良い仕事ができません。VPNゲートウェイとビジネスクリティカルなアプリケーション(コラボレーション、VoIP、ビデオなど)がリモート接続で期待通りのパフォーマンスを発揮できない場合、キーサイトのHawkeyeとVPNゲートウェイ評価サービスが役立ちます。

 

ウェビナーにサインアップして、サービスの中断を最小限に抑え、ユーザーエクスペリエンスを確保し、ネットワークが次の危機に備えられるようにする方法を見つけてください。

 

今すぐ登録

Working From Home - Keysight Innovate Anywhere
SSL VPN Gateway Assessment

VPNのストレステスト

危機の状況でVPN接続は大丈夫でしょうか?

VPNインフラストラクチャは、普段でも重要ですが、危機が発生した場合は重要度を増します。ビジネスの継続性は、従業員がリモートで、または自宅から作業できるかどうかに依存します。準備には、使用量の急増に十分なVPN容量をプロビジョニングするだけでなく、ネットワークがピーク時のトラフィック負荷で主要アプリケーションをスムーズにサポートできることを検証する必要もあります。

ユーザーが接続の問題を報告するのを待つのではなく、制御された現実的なパフォーマンステストを使用して、VPN容量を事前に検証できます。キーサイトのソリューションで、ネットワークは常に予期しない事態に備えられます。

もっと詳しく知る

Hawkeye - アクティブモニタリングでネットワーク通信品質を改善

アクティブモニタリングで音声や動画のユーザー体感品質の評価が容易に

今日のネットワークは、異なるレーテンシーとロスの感度を持つ様々なアプリケーションを幅広くサポートする必要があります。ウェブ会議システムや音声システムなどのユニファイドコミュニケーションツールでは、一定のユーザー体感品質を確保する必要がありますが、音声や動画の測定は従来のパッシブモニタリングでは困難でした。

Hawkeyeを活用することで、音声や動画に関するアプリケーションフローを定期的に生成し、計測後すぐに、アプリケーションに適した評価を行うことが可能になります。

Hawkeyeの詳細

サービスの中断を最小限に抑え、ピークパフォーマンスを維持する

ユーザー体感を制御し、ネットワークがあらゆる面で準備ができていることを確認できます。