仕様

光学的仕様:
ギガビットSX 850nm、VCSEL、コーニングマルチモード50または62.5/125um

環境:
動作温度:0ºC~40ºC
ストレージ温度:-10ºC~70ºC
相対湿度:10% 最小、95% 最大、結露なきこと

電源:
入力:
100-240 VAC、0.5A、47-63Hz
出力: 12V、3A

機械的仕様:
寸法:
高さ1.125" x 奥行き11.0" x 幅8.75"

コネクタ:
(2) デュプレックスLCコネクタ(ネットワークポート)
(2) SFPモジュラーコネクタ用SFPスロット

認定:
RoHS指令完全準拠

品番:
TPA-50SX5-SFP
TPA-SX5-SFP
TPA-SX4-SFP
TPA-LX5-SFP

メディア変換を使った集約された全二重トラフィックへのアクセス

Ixia Gigabit Port Aggregator with SFP Monitor Portsは、重要なリンクに対しての効率的なアクセスを実現します。 通常、ネットワークタップを使った全二重モニタリングには、タップされた全二重接続の各側面に2つのNIC - 1つのインタフェイスが必要です。 ギガビットポートアグリゲーターは、これらのストリームを結合して再構成し、収集したデータ全てを2つの別のパッシブ監視ポートに転送します。 2つのスモールフォームファクタ・プラガブル (SFP) モニターポートにより、ネットワーク管理者がモニタリングデバイスをギガビットファイバーネットワークに接続する際にかなり柔軟に行うことができます。

バッファリングによりデータ喪失を防止

ギガビットポートアグリゲーターは、単一の全二重リンクの集約されたトラフィックを処理するよう設計されています。 通常、トラフィックはNICの受信キャパシティ未満、つまり、1 Gbps未満でなければなりません。 トラフィックキューがNICのキャパシティを超えると、タップが全二重接続のサイド毎に超過するトラフィックを最大512MB(合計 1GB)までバッファします。 トラフィックボリュームがNICの受信キャパシティー未満に下がると、バッファは自動的にクリアされます。 例えば、トラフィックバーストが発生し、監視デバイスで 1Gbpsネットワークポートに接続されているタップが 1.2Gbpsのトラフィックを受信している場合、タップはバーストが収まるまでデータをバッファします。 次にタップは、バッファが空になるまでバッファされたデータを監視デバイスに送信します。

SFPによる柔軟性

Ixia Gigabit Port Aggregator with SFP Monitor Portsは、異なるインターフェイスカードを使用して、監視デバイスにネットワークリンクへの接続を提供します。 SFPモニターポートにより、ポートアグリゲーターのフィールドアップグレードや再構成が可能となり、柔軟性が向上します。 SFPモニターポート搭載のギガビットポートアグリゲーターは、SFP変換キットを1つまたは2つ購入する必要があります。

導入が簡単

Ixia ギガビットポートアグリゲーターは、Softwareをベースにするソリューションなど多くの監視システムが提供するシングルチャネルNICしか備えていないため全二重可視性を制限されるという事実に対処します。 2つ目のNICを追加すると、データの整合性と可視性を維持するのに有効ですが、その一方で、柔軟性と使いやすさの間にトレードオフがあります。 ギガビットポートアグリゲータと同じ機能を実現するには、通常は、オペレーティングシステムとバインドを可能にするNICが必要です。 一方、このギガビットポートアグリゲータは、監視デバイスの構成を必要としません。

Spanポートよりも高性能

これまでは、SPANポートがタップされたトラフィックの収集に使用されることがありました。 しかし、Spanポートは、レイヤ1とレイヤ2のエラーは転送されません。また、spanポートがサポートするバッファリングは極めて限定的で、バースト時にデータがドロップすることがあります。 ギガビットポートアグリゲーターのバッファーは十分であり、バースト時のデータ消失を回避できます。

セキュリティと可視性

監視デバイスはネットワークから切り離されていて、IPアドレスを持ちません。したがって、攻撃を受ける可能性は大幅に低くなりますが、 ギガビットポートアグリゲーターに接続された監視デバイスからは、レイヤ1およびレイヤ2エラーを含む全ての全二重トラフックがすべて見えます。

シンプルなプラグイン対応

ポートアグリゲータータップなら、単一NICに対する全二重モニタリングを簡単に行えます。 プラグ・アンド・プレイ展開に必要なすべてのネットワークおよび監視ケーブルは、全てタップに同梱されています。 必要なものがすべて揃っていてすぐに使えます。

信頼性

Ixia Tapsは、稼働時間の保護を強化する冗長電源接続を備えています。 主電源で障害が発生すると、自動的に予備電源に切り替わります。 電力供給が失われて復帰した場合でも、ネットワークに影響を受けません。 プラグアンドプレイの展開に必要なすべてのネットワークおよび監視ケーブルはすべて同梱されています。