400Gbps高速イーサネットテストソリューションで、かつてないスピードで進化を続けるデータネットワークの帯域幅ニーズの急増に対応

ネットワークへの依存は私たちの住む世界のあらゆる側面に浸透しており、ローカルエリア、データセンター、アクセス、メトロポリタンネットワークからの帯域幅ニーズの上昇率は2桁パーセントとなっています。 クラウドコンピューティングやビデオストリーミングなどのテクノロジーがより大規模で高速なデータセンターを必要とするにつれ、機器製造元はそのペースに対応するために100Gbpsを超えて進化させざるをえない現状です。

Ixiaの最新の400GbEジャンプスタートテストシステムは、お客様のニーズを満たし、ネットワークプロバイダーに次世代ソリューションを提供することのできる革新的なネットワークテクノロジーの開発において、引き続き優位な立場に立っております。

Ixiaの400GbE ジャンプスタートテストシステムは開発者向けのツールキットで、標準規格策定に先駆けて400GbEのネットワークハードウェアを提供することでネットワーク機器製造元が開発とテストに必要な時間を短縮しています。 今では、お客様は400GbEテストへの投資を最大限に活用しながら、次世代のさらなる高速なイーサネット技術との相互運用性をテストし検証することができるようになりました。

400GbE ジャンプスタートテストシステムの特徴は、400Gbpsのワイヤレートのトラフィック生成を、規格サイズよりも小さい/大きいフレームサイズで行うことができる点です。

主な特徴

  • Ixiaの400GbE ジャンプスタートテストシステムは、標準規格策定に先駆けて400GbEネットワークハードウェアを加速化し、テストを実施できる開発者用のキットです。
  • ラインレートのパケット生成、受信ポートでの分析およびキャプチャ機能
  • Ixiaの標準実装をサポート
  • レイヤー1 ビットエラーレート試験(BERT)とPCS(Physical Coding Sublayer)分析
  • 他のベンダーIPとの真の相互運用性をもたせたIxia独自の400GE MACエンジン