5G Innovation Spawns New Test Challenges

5Gの到来によりテストに新しい課題が発生

5Gのニーズは、4Gのニーズとは本質的に異なります。それは、5Gがサービスの統合、拡張、および低レイテンシの通信など、モバイルネットワークアーキテクチャの既存および新たな要件に対応することを目的としているからです。

5Gの価値提案:

  • ネットワークリソースの拡張とネットワーク機能の動的割り当てにより、さまざまな業種や用途に対応する新しいサービスや収益源をサポート
  • 統合されたサービスを通じてコストを管理し、それぞれのレイヤまたは機能での真のマルチベンダー実装への道を開く
  • すべての関係者へのサービス提供を取り扱い、それを促進する機能によるサービスの柔軟性

5Gコアでは、特に、新しいプロトコル、サービスベースのアーキテクチャ、仮想化、およびネットワークスライシングが導入されます。5Gコアネットワークの柔軟な性質により、分離とエンドツーエンドの両方のセットアップにおいて、コアネットワーク要素のテストに新たな課題が発生しています。

高性能UEのシミュレーションによる5Gラボテスト

このウェビナーでは、ユーザープレーン機能(UPF)の導入を推進する最初のユースケースを紹介します。特に、マルチアクセスエッジコンピューティング(MEC)、セッションおよびフローごとのサービス品質(QoS)確保など、重要な側面をいくつか取り上げます。

5G Lab Testing with High‑Performance UE Simulation
サービスベースのアーキテクチャ

5Gアーキテクチャはサービスベースであり、ネットワーク機能間の関係は2つの方法で表現できます。

参照ポイントによる表現:任意のネットワーク機能(SMFとUPFなど)間のポイントツーポイント参照点(N4など)でネットワーク機能間の相互作用を示します。

Reference Point

サービスベースの表現:コントロールプレーン内のネットワーク機能(AMFなど)が、許可された他のネットワーク機能にサービスへのアクセスを与えます。

Service-based representation

大規模な5Gコアの検証

IxLoadの実世界に即した利用者モデリングを使用すれば、プロトコルの専門家でなくてもリアルなテストシナリオを作成できます。ユーザーは、1つのアプリケーションで、容量テスト、デバイスのスループットの把握、音声と動画のクオリティ測定、幅広いモバイルシナリオのモデリングが可能です。

ノード分離、インタフェーステスト、サービス検証を中心に、多数のテストトポロジーが提供されています。

Validate at scale
主な特長
  • 5Gユースケースの導入環境でUE(ユーザー機器)の動作をシミュレート:ネットワークスライシング、マルチアクセスエッジコンピューティング(MEC)の低レイテンシおよびオフロード、動画の最適化
  • 実サーバーや他の機器と相互に作用するステートフルなアプリケーショントラフィックミックスを使用し、数百万人の利用者規模に拡張
  • サブスクライバモデリング、マルチプレイのトラフィック生成、および体感品質(QoE)の測定値からサービス品質を検証
  • 複数のユーザープレーンなQoS特性をフローまたはセッションごとに実行、検証
  • サービスベースのアーキテクチャの複雑なシナリオを検証
  • コントロールプレーンとユーザープレーンを独立して管理するためのネットワーク目標を使用して、トラフィックミックスおよび密度を制御
  • 専用のイクシアハードウェアまたは仮想版(VE)を使用して5Gノードおよびインタフェースを検証
  • 汎用的なライセンス体系が、ニーズや予算への柔軟な適応、将来の保証、成長に応じた投資を可能にするとともに、初期投資を保護

高性能の5Gデバイスおよびネットワーク作りのお手伝いをいたします。