Validating New Technologies that Challenge the Limits

限界に挑む新技術の検証

OFDMベースの物理無線インタフェースに関する新しい技術仕様、5G New Radio(NR)は、ワイヤレスブロードバンド性能を有線と同程度に高めることを目指しています。極めて高い帯域幅、低いレイテンシ、高い拡張性を備えたこの「ワイヤレスファイバー」は、5Gの性能に関する期待に応えつつ、運用コスト(OPEX)を現在の5分の1にまで削減します。

5G規格の進化とともに、継続的な規格準拠テストを実行し、革新を促進することが不可欠となります。5G無線アクセスネットワーク(RAN)のテストには、慎重な計画、テスト計画の熟考、性能のベンチマーキング戦略、テストの自動化、レポート作成が必要です。

拡張性のある高性能な5Gアーキテクチャの確保

4G/LTE RANとは異なり、5G RANでは、アーキテクチャのモジュール性と柔軟性を大規模かつ高性能の環境でテストする必要があります。これを実現するために、イクシアの5G RANテストソリューションでは、柔軟性、モジュール性、拡張性によってさまざまな5Gスプリットアーキテクチャをサポートします。コンパクトなフットプリントで最大4,000UEまで拡張可能であり、複雑なモバイルシナリオも検証できます。

Ensuring Scalable and High-Performing 5G Architectures
主な特長
  • GUI駆動型(スクリプト不要)。UE挙動の定義とトラフィックモデル/パターンの説明が構成の中心
  • ステートフルなユーザープレーンのトラフィックシミュレーションを実行:VoLTE(音声および動画)、ビデオオンデマンド、HTTPストリーミング、FTP、HTTP、HTTPS
  • 数個のUEから1,000個単位のUEまで拡張
  • 同じシステム上の1個のユーザーインタフェースから4Gと5G(NSA)に対応
  • QoE(体感品質)分析および各UEの各トラフィックストリームのスコアリングを測定し、報告
  • エンドツーエンド:同一システム上の同じテストで、両端のUEからPDNまで実施

高性能の5Gデバイスおよびネットワーク作りのお手伝いをいたします。