仕様

  • OVA またはフットプリントの小さいQCOW2 (<1GB) VMイメージ
  • 数百個のアプリを搭載、毎月更新
  • 数千のセキュリティストライキを搭載、毎月更新。
  • RFC2544テストに対応
  • あらゆるパケットキャプチャをインポート、再生する機能
  • ブレークポイントを設定し段階的に、あるいは次のブレークポイントへ実行することが可能
  • 継続的キャプチャ
  • 内蔵型ロードマップのフィードバックループ
主な特徴
  • OVA あるいは QCOW2 (<1GB) VM イメージを提供
  • 数百個のアプリを搭載、毎月更新
  • 数千のセキュリティストライキを搭載、毎月更新。
  • あらゆるパケットキャプチャをインポート、再生する機能
  • ユーザーはブレークポイントを設定し段階的に、あるいは次のブレークポイントへ実行することが可能
  • 継続的にキャプチャ機能を提供
  • ビルドインのロードマップフィードバックループを提供

バグの早期発見に貢献する機動性の高いテストツール

問題点:開発過程のバンプやバグ

今日の開発者は、革新的なソフトウェアを迅速かつ効率的に納品することを求められていますが、その過程において多くの問題にぶつかっています。 例えば、障害テストはソフトウェアのコーディングでは重要なプロセスですが、開発サイクルをひどく遅らせる要因にもなり得ます。 余裕のない予算や高度な複雑性がこれらのテストツールの効果も制限してしまいます。 開発サイクル中のバグの修正は、初期のコーディング段階の4倍もコストがかかってしまうのです。 そのため、初期段階での予防はソフトウェア開発におけるリスク回避、時間やコストの削減の鍵となります。

解決策:アプリケーションパフォーマンスとセキュリティテストの簡易化

Ixia Developer は、機動性の高いアプリケーションパフォーマンスとセキュリティ回復力のテストツールで、開発者が開発の初期段階でバグを検出するのに役立ちます。 Ixia Developerは、障害の一次発生源の特定を助ける統合的なデバッガがその特徴です。 使いやすく、迅速でレスポンシブなウェブベースのインターフェースが、テスト環境から実際のネットワークのパケットへの移行時間を大幅に縮小します。 強靭なATIエンジンの活用により、lxia Developerは常に最新のアプリケーションとセキュリティストライキを維持しています。

開発者は、バグの早期検出により迅速な反復、またテストを頻繁に実行できる為、ソフトウェアを期限内に確実に納品することができます。 lxia Developerの利用することで開発後半段階の障害検出で生じるやり直し費用を排除できるため、ボトムラインが向上し、ビジネスリーダーにとっては技術投資に対する大きなリターンが望めます。

award

現在のデベロッパーニュースレターを読む

‘‘

SonicWALLのクオリティエンジニアリング担当執行役員、Aria Eslambolchizadehさんは、以下のように述べています。「我が社はIxia Developerを大変気に入っています。多くのデバッギング機能やトラフィックジェネレーション機能が内蔵されているだけでなく、使いやすく、VMベースの展開なので当社のエンジニアが一層簡単に利用できるからです。Ixia Developerを使うことで当社のデベロッパーは自分たちでテストすることができるため、問題を解決するための貴重な時間が節約できるようになりました。また、トラフィックジェネレータによって当社のデベロッパーもQAエンジニアも、当社のセキュリティデバイスのアプリケーション監視機能を実際に提供しながらバグを検証できます。これはSonicWALLのネットワークセキュリティデバイスにとって必要不可欠なことなのです。」

クオリティエンジニアリング担当執行役員、Aria Eslambolchizadeh