Specifications

Physical Specifications

大きさと重量

  • 2Uラックマウント
  • 寸法:幅 17.5 x 長さ 19.125 x 高さ 3.5(インチ)、幅 44.45 x 長さ 48.58 x 高さ 8.89(cm)
  • 重量:35.0 lb (16 kg)

AC電源

  • 入力AC電圧:90-240V AC RMS自動スイッチング
  • 周波数: 50-60Hz
  • 公称電力要件:2.36A @ 110 VAC、260W
  • 最大電力条件:5A @ 110 VAC、550W
  • フロントパネルの64のポートでトラフィック負荷が100%の状態でのシステムの熱/電力放散:公称260W/887 BTU/時

DC電源

 

  • 動作入力電圧:36~75 VDC
  • 公称電流:5.41A @ -48 VDC、260W
  • 最大動作入力電流:11.46A @ -48 VDC、550W
  • フロントパネルの64のポートでトラフィック負荷が100%の状態でのシステムの熱/電力放散:公称260W/887 BTU/時
Operating Specifications

Temperature

  • Operating: 5°C to 40°C
  • 短期:-5°C~55°C(連続96時間を超えない範囲で)
  • ファンが故障した状態の短期温度*:-5°C~40°C (*連続96時間を超えない範囲で)

Humidity

  • Operating: 5% to 85%, (non-condensing)
  • 短期湿度:5%~90%(結露なきこと、連続96時間を超えない範囲)

規則/安全性

北米安全性

  • UL 60950-1、第2版
  • CSA C22.2 No. 60950-1、第2版
  • GR-1089-CORE、第5版、2009年8月

欧州安全規格

  • EN60950-1
  • 国際安全性
  • CBスキーム:IEC 60950-1:2005第1版

RoHS 指令準拠

EMI/EMC

  • 北米 EMC o FCC Part 15、Class A (USA)
    • ICES-003第4版、クラスA (カナダ)
    • GR-1089-CORE、第5版、2009年8月
  • 欧州 EMC o EN55022 2006 Class A(放射)
    • EN55024 1998 w/A2 (電磁波耐性)
    • EN61000-3-2:2006(高調波)
主な特徴
  • 監視プローブより登録者データの相関量の負荷を軽減し、監視ソリューションが計測可能に
  • GTPセッションのサンプリングとフィルタリングにより、プローブに送られるトラフィックを低減
  • 自動的にプローブの障害を検知し、プローブが回復するまでトラフィックを再分散
  • 要求が多い通信環境でも、途切れることのないトラフィック分配を実現
  • ソリューションに充分な余裕をもたせ、エンドユーザーと共に拡大
  • ネットワークの可視性のインフラストラクチャ投資利益率(ROI)を改善

モバイルネットワークトラフィックの、スマートな配信と制御

問題点:扱いにくいモバイルトラフィックとそのコスト

モバイル通信事業社にとって、ネットワークサービスの信頼性と顧客が良質な経験をすることは、成功において欠かせません。 ネットワークのプローブは、無線コアネットワークを可視性を与えてくれますが、これらの機器には限界があり、流動的なモバイル登録者の情報量に耐えられない可能性があります。 同時に、ネットワークのプローブの容量を下回る通信量だと、追加コストがかかります。 その正しいバランスによって、事業社は無線ネットワークの可視性を改善し、同時にコストを管理することができます。

Ixia GTPセッションコントローラ

 

ソリューション:最大化したネットワーク・プローブで最大の利を得る

Ixia GTPセッションコントローラ7433により、無線のコアネットワークの可視性を改善しながら、サービスプロバイダがネットワークプローブと能力を最大限に活用できるようにします。 ソリューションは、モバイル登録者とロードバランスを効果的に識別して追跡し、モバイルトラフィック量が流動的でも、各顧客の容量および帯域制限を実施してネットワークが徹底的に調査します。 コントローラが、欠陥のある、または負担がかかり過ぎの監視プローブを発見したら、自動的にその負担をクラスタ内にある別のプローブに再分散します。 その結果、監視プローブはユーザー体感品質(QoE)の分析にフォーカスすることができ、GTPセッションの通信を再び組み立てるためのサイクルを繰り返す必要がありません。