仕様

仕様

動作

  • 動作温度:0˚C~40˚C
  • 相対湿度:最低10%、最大95%、結露なきこと

非動作

  • 保存温度: -10˚C~70˚C
  • 相対湿度:最低10%、最大95%、結露なきこと

メカニカル

 

  • 寸法:高さ1.724”x奥行き24”x幅9.5”
  • 重量:2.25 lbs

ケーブルインターフェイス

  • マルチモードSRモデル:ファイバーコア:50μm;波長:850nm
  • シングルモードLRモデル:ファイバーコア:8.5μm;波長:1310nm

電気

 

  • AC電源
  • 入力:100-240VAC、1A、47-63Hz
  • 出力:12V、9A

インジケーター

 

  • (2) リンク/アクティビティ LED
  • (2) しきい値アラーム LED
  • (2) バイパスステート
  • (2) 電源LED
  • (1) LCD

マネージメント

 

  • インターフェース:
  • シリアルコンソール:RJ45
  • マネージメント:RJ45
  • デバイス管理:
  • ウェブUI (HTTPS)、シリアルコンソール、SSHv2、SNMPv2c、SNMPv3、リモートソフトウェアアップグレード

ネットワーク/モニター インターフェース

  • ネットワークインターフェース:2 x MTP 12ファイバーアダプタ
  • モニターインターフェース:2 x QSFP+ケージ

認定

  • RoHS指令完全準拠
  • 規定認定:UL、CB、CE、FCC、VCCI
主な特徴
  • ハートビートパケットを送ることでインラインツールの応答を常に確認
  • インラインツールが利用不可になると、それを示すアラートを発行
  • ネットワークインテリジェンスを実現
  • ユーザーフレンドリーなWeb、コマンドライン、SNMPインターフェイスを通してユーザーは設定の変更が可能
  • 様々なIxiaデバイスを単一スクリーンから管理・監視するIxia Indigo 管理プラットフォームとの連携

ネットワークとインラインツールの架け橋

課題:監視ソリューションの負担増加

今日、3つのネットワーク問題に直面しています: 高速データのマルチプロトコルトラフック量の増加、セキュリティ脅威の実装、厳しい規制環境など。 ネットワークトラフィックの検査や制御のためにインラインツールを展開することは入ってくる脅威をブロックすることに役立ちますが、ネットワーク運用が複雑化します: 展開するツールが多ければ、それだけ障害箇所になる可能性も増えます。 インラインツールが使用できなくなるとネットワークを完全にダウンさせるので、ネットワークのアップタイムを著しく損ない、ビジネスの継続に支障をきたします。 

ソリューション:フェイルセーフ オプション

Ixia iBypass 40-10はウィンウィンのソリューションを提供します: インテリジェントバイパススイッチはツール障害からネットワークを守るフェイルセーフ機能を提供します。 iBypass 40-10は、使いやすいWebインターフェイスを通して設定でき、SNMPトラップやハートビートパケットでネットワークモニタリングの稼動の手助けをします。 また、ソフトウェアやファームウェアのアップグレードも容易です。

全てのパケットは検査され、ネットワークに達する前に脅威をブロックします。 前段に位置するインラインセキュリティやモニタリングツールに対しiBypass 40-10はネットワークの可用性を保証し、モニタリングツールから最大の価値を得ることができます。