仕様

動作仕様:
動作温度:
0°C~40°C
保存温度: -10°C~70°C
相対湿度: 最低10%、最大95%、結露なきこと

機械仕様:
寸法: 高さ 1.75" x 奥行き 27" x 幅 19"
入力電力:
AC入力:100-240V、1.45A、47-63Hz
DC入力: -48VDC 公称、-36~-72VDC、4.0A

ケーブルインターフェース:
ファイバータイプ:
マルチモード:
Corning 50 または 62.5/125m、850nm 波長
挿入損失: ネットワークポート:1.25 dB、モニタリングポート:1.25 dB
シングルモード:Corning 8.5/125m、1310nm波長
挿入損失:ネットワークポート: 1.25 dB、モニタリングポート:1.25 dB
Copperケーブルタイプ: 22-24 AWG シールドなしツイストペアケーブル、CAT5/CAT5E
サポートされるリンク距離:100メートル

コネクタ:
モニタリングポート: (16) RJ45 (Copper) または (16) SFP(ファイバー)
ネットワークポート: (16) RJ45(Copper) または (16) Duplex LC(ファイバー)
マネージメントポート: (1) RJ45 10/100/1000
コンソール(CLI)ポート:(1) RJ45 RS232
ピン1-3 – 未使用
ピン4 – 接地
ピン5 – RXD
ピン6 – TXD
ピン7 – CTS
ピン8 – RTS

マネージメント:
CLIローカルまたはSSHリモート、RADIUS、TACACS+、RMON

認定:
安全性:UL、CE EMC:FCC、VCCI、C-Tick 環境保護:RoHS、WEEE
IEEE 802.3 完全準拠

品番:

IBP-8000
IBP-8000-DC

主な特徴
  • 監視環境をサポートするために、ハイアベイラビリティ(HA)構成を実現
  • 「フェイルクローズ」モードによる利便性拡大
  • HAフェイルオーバーペアとして構成できるホットプラグ可能な4つのDBMを収容
  • 安全な専用のマネージメントポートを通してアクセスできる管理インターフェースが特徴
  • 完全にハードウェア内でネットワークトラフィックを操作するので、インラインリンクを通して流れるデータがハッキングされたり侵害されたりしない

高密度バイパススイッチ

課題:機器の増加 = 障害の可能性が増加

ネットワークを安全に保つため、組織は侵入防御システム(IPS)、Webアプリケーション最適化機器、ファイアウォールなどのインラインモニタリング装置にますます依存しています。 より多くのインラインネットワークセキュリティ装置を追加することになりますが、これにより、より多くの単一の障害箇所をネットワーク上に作ることとなります。 何故なら、装置に障害が起きると、トラフィックは特定のリンクを流れなくなるからです。 最高基準の復元力と可用性を満たしたバイパススイッチを導入することで、インラインモニタリング装置に対してフェイルセーフポートを提供することができます。

ソリューション:ネットワークトラフィックのフローを確実にする

インラインネットワークセキュリティ装置対応の高密度バイパススイッチであるIxiaのiBypass HDが優れているのには幾つもの理由があります。 iBypass HDは2~8のセグメントに対応し、各セグメントは独立して動作します。 リンクに流れるトラフィックや他の装置に影響を与えることなく装置の接続や取り外しが行えます。

モジュール型設計であるiBypass HDのシャーシはホットプラグ可能な4つのDual Bypass Module(DBM)を収容でき、各DBMが2つの独立したバイパススイッチを提供してより高いサポートと展開の柔軟性を実現します。 また、IPSの障害が発生すると、iBypass HDは自動的に「バイパスオン」モードに切り替わります。 これによって、スイッチやルーターは代替のデータパスに切り替えるなどの是正措置を素早く行い、トラフィックの流れを維持します。