主な特徴
  • 大規模なマルチノードネットワークをエミュレート
  • 新たなインターフェイスの種類、プロトコル、テストケースに対応できるよう簡単に拡張可能
  • ユニキャスト/マルチキャストルーティング、ブリッジング、IPv6、VPN、MPLS、PPP、CP/IP、キャリア・イーサネット、車載イーサネットを含む包括的なプロトコルのリストに対応
  • LinuxあるいはWindowsオペレーティングシステムとイーサネットカードが搭載されたPCなど最小限のハードウェアで実行
  • VNIC(Virtual Network Interface Card)ドライバ経由でIxiaのパワフルなテストおよび分析プラットフォームと共に機能

自動化ネットワークプロトコル検証の業界標準

問題点:製品の品質への疑問

製品ライフサイクル全体を通じ、デバイスの設計の検証が必要です。 デバイスのプロトコルSoftwareが仕様を満たしているか。非準拠ネットワークコンポーネントからのトラフィックをデバイスが適切に処理できているか。新しい開発が既存のコードにどのような影響を与えているか。これらの疑問に適切に回答する必要があるだけでなく、解決策を迅速に提供することも求められます。製品の問題点の特定と対処のための手直しが直前になると、時間が無駄になるだけでなくコスト増につながると考えられているからです。

ソリューション:コストを低く抑え、信頼性を高める検証

IxiaのIxANVLL(自動ネットワーク検証ライブラリ)を使用すれば、プロトコルのコンプライアンスと相互運用性を検証する広範囲にわたるプロトコルライブラリとユーティリティーに素速く簡単にアクセスすることができます。 拡張GUIと柔軟なテストオートメーション機能のおかげで使いやすいIxANVLには、数々の利点があります。 大規模なマルチノードネットワークをエミュレートすることによって、コストを削減できるだけでなく、テスト効率の向上と製品リリースまでの時間も短縮できます。 また、広範囲にわたる徹底的な自動化テストにより、製品の品質に対する自信も向上します。