Server Edition

Desktop Edition

Scalability

Supports up to 100,000 connections (endpoint pairs) representing hundreds of thousands of end-users

Protocols

TCP, UDP, RTP, IPv4, IPv6, IP Multicast, VoIP (G.711, G.723, G.726, G.729)

Voice Simulation

  • VoIP (G.711, G.723, G.726, G.729, AMR)
  • Skype, Skype for Business
  • VoIP (G.711, G.723, G.726, G.729, AMR)

Video simulation

  • Video RTP flows (MPEG2, MPEG4)
  • Adaptive streaming: Netflix, Youtube, Youku, AppleTV, Daily Motion
  • Video RTP flows (MPEG2, MPEG4)

Management

  • Supported on IPv4 and IPv6 networks
  • Handles test failures in error-prone networks, including Wi-Fi for management
  • Supports in-band and out-of-band management and traffic paths
  • IxChariot Anywhere: endpoints communicate to console and automatic detection of NAT/FW
  • Supported on IPv4 and IPv6 networks
  • Handles test failures in error prone networks, including Wi-Fi for management
  • Supports in-band and out-of-band mgmt. and traffic paths

API Support

  • REST API
  • Python
  • TCL
  • C

System Requirements
(Server)

  • OVA deployment: VMware ESXi 5.x or newer, VMWare Player 6.x or newer
  • Minimal VM provisioning: 1GB RAM, 1 VCPU
  • Support for multiple simultaneous tests and user sessions
  • Available on Amazon market place for cloud deployment
  • Microsoft Windows Vista, XP, Windows 7, Windows 2000 Server, 2003 Server, 2008 Server, 2012 Server
  • Minimum hardware: Pentium III, 512MB RAM, 500MB disk space

WIFI metrics

  • RSSI, BSSID, SSID, link speed, Channel ID
 

Performance Endpoints

  • Microsoft Windows: 2008 R2, 2012, 7, 8
  • Linux (x86, x86_64)
  • Several others, look for “Endpoint Library” on Ixia support site

Mobile Device Endpoints

  • Android – on Google Play Store
  • IOS – on Apple Store
  • Search for “endpoint” in appstores

XR2000 and XRPi2  Hardware Endpoint

  • Supported, turnkey hardware endpoints
  • Look on Ixia Website for full specifications

Supported Test Types

  • Throughput TCP and UDP
  • VoIP, video, streaming traffic

展開前でも展開後でも複雑なネットワークのパフォーマンスを瞬時に評価

課題:ネットワークの変更がサービスのクオリティやパフォーマンスの低下を招く

現代のネットワークには変化が絶えません。企業は新しいビジネスサービスをネットワークに次々と追加し、ネットワーク機器の更新やアップグレードもあります。しかし、既存のネットワーク機器が新規サービスをサポートできるかどうかは、成り行きまかせのことがよくあります。失敗を防ぐには、ネットワークの能力とパフォーマンスを評価し、新しく展開されるサービスのQoE(体感品質)を予測する必要があります。クオリティ保証エンジニアとITチームにとっては、製品の出荷やサービスの展開前に短時間でパフォーマンスを検証し、評価できる効率的な方法が必須となります。

ソリューション:効率的なソフトウェアベースのテストでデバイスとネットワークをチェック

IxChariotは、展開前でも展開後でも、瞬時にネットワークとアプリケーションを評価し、問題に対処します。この強力な評価ツールは、Performance Endpointと呼ばれるソフトウェアエージェントを使用し、アプリケーショントラフィックのシミュレーションを行うとともに、主要パフォーマンスメトリクスを中央コンソールに表示して管理を容易にします。これにより、有線、無線、バーチャルデータセンターなど、さまざまな伝送インタフェース上で動作するネットワークとアプリケーションの性能と信頼性を確実に評価する完全装備のシステムが実現します。展開前にも、QAまたはITチームが「what-if」シナリオを実行し、アプリケーションがネットワーク上のデバイスに与える影響を予測できます。

主な特長

  • Wi-Fi Allianceなど、業界のリーダーやエキスパートが採用
  • ワイヤレス性能や位置情報を含め、ネットワークパフォーマンスを瞬時に評価
  • Performance Endpointは、モバイル、PC、Macのほか、あらゆるハイパーバイザーやクラウドサービスで動作
  • Performance Endpointを通じてすべてのプラットフォームを一括管理
  • 完全なアプリケーションエミュレーションを実行し、スループット、パケットロス、ジッタ、遅延、MOS、OTT動画(Netflix、YouTubeなど)を含む主要パフォーマンスメトリクスを提供
  • プライベートバーチャルとパブリッククラウドの両方のインフラに対応する信頼性の高いツール
  • 現代のネットワークで使用される実世界のアプリケーショントラフィックの混合をエミュレート(AppLibrary)

IXCHARIOTプラットフォームエンドポイント

Hawkeye

Hawkeyeによるアクティブモニタリングで本番ネットワークにIxChariotテクノロジーを活用