Additional Hardware Required with XAir2 LTE

The complete XAir2 LTE UE simulation solution requires several other hardware and software components. The additional hardware items are listed in the table below.

Category

Options

Ixia Part Number

Connection Kit

LTE Access XGS Connection Kit. One connection kit is required for every chassis with an XAir2 module present.

949-1035

RadioHead

LTE Access 6GHz Wideband Radio

949-1034

Radio Connection Enclosure

LTE Access Radio Connection Enclosure (RCE) Standard 700MHz-2700MHz

949-1026

LTE Access Radio Connection Enclosure (RCE) High Band 1000MHz-3900MHz

949-1029

RadioHead

The XAir2 Module is connected to the eNodeB device under test (DUT) through a radio frequency (RF) connection provided by the Ixia 6GHz Wideband Radio. The specifications for this radio are provided in the table below.

Protocol

Feature

3GPP Release

  • All 3GPP R8 2009 specifications
  • 3GPP R9 June and December 2010 specifications
  • 3GPP R10 December 2011 specifications
  • 3GPP Release 11, Release 12 UE Categories for 3CA

Control Plane

  • 3GPP TS 24.301 Non-Access-Stratum (NAS) protocol for Evolved Packet System (EPS)
  • 3GPP TS 36.331 Radio Resource Control (RRC) protocol specification
  • 3GPP TS 36.323 Packet Data Convergence Protocol (PDCP) specification
  • 3GPP TS 36.322 Radio Link Control (RLC) protocol specification
  • 3GPP TS 36.321 Medium Access Control (MAC) protocol specification
  • 3GPP TS 36.211 Physical Channels and Modulation
  • 3GPP TS 36.212 Multiplexing and channel coding
  • 3GPP TS 36.213 Physical layer procedures

User Plane

  • VoLTE Voice & Video (IR.92 & IR.94)
  • Video on Demand [VoD]
  • HTTP Streaming
  • HTTP, FTP, POP3, SMTP
  • Stateless UDP

 

General Specifications

Performance

  • 4 Primary carriers per XAir2
  • Up to 24 sectors in one XGS-12 chassis
  • 1200 simultaneous RRC-Connected UEs per Carrier, 4000 per blade
  • 400 simultaneous Volte calls per Carrier, 1200 per blade
  • Custom channel modeling and pre-defined DL channel models based on 3GPP TS 36.101 (AWGN, EPA5Hz, EVA5Hz, EVA70Hz, ETU70Hz, ETU300Hz, HST)

 

Physical Specifications

XAir2

  • Number of CPRI ports: 4
  • Number of 10G Ethernet ports: 1 connected by Optical Multimode 850nm transceiver with SFP+
  • The ports currently used are: CPRI 1, CPRI 2, CPRI 5, CPRI 6 and Port 4
  • Provides connection to an eNodeB through Ixia’s Remote RadioHead unit that covers all FDD and TDD frequency bands
  • Built-in high accuracy 10MHz clock for eNB synchronization
  • 1U high 19” rack mounted interface card
  • Dimensions: 17.3” (L) x 1.3” (W) x 12.0” (H) / 440mm (L) x 33mm (W) x 305mm (H)
  • Power consumption: 184 Watts
  • Gross Weight: Module only: 12.9 lbs (5.85 kg) / Shipping: 19.7 lbs (8.94 kg)

Wideband RadioHead 400MHz – 5.9GHz

  • Channel Bandwidth: 5/10/15/20 MHz
  • Tunable range 400MHz – 5925MHz
  • FDD or TDD operation
  • Receiver Function: 10dBm maximum receive signal input
  • Operating input voltage: 100 – 240 VAC, 50-60 Hz
  • Typical input power 95W; Maximum input power 130W
  • 19” Rack Mount; Height: 1U; Depth: <500mm

platform options

Visit ixiacom.com for more information on
Ixload platform options

Chassis

  • XGS-12 HS/SD Chassis
  • XGS-2 HS/SD Chassis

Load Modules

  • XAir2
  • PerfectStorm

 

主な特長
  • 現実に即した加入者モデリング
  • FDD、TDD、DRXなどにも対応したフル機能のLTE UEエミュレーション
  • QoE(MOS、PESQ)、QoS測定値を含め、音声、動画、データトラフィックを使用したモバイルアプリケーションモデリング
  • アタッチ、デタッチ、ハンドオーバー、TAU、アイドルモード運転など、複雑なシグナリング動作
  • 歩行者、車両、都市部、高速鉄道など、LTE DLの高速伝搬損失エミュレーションにより、UEセルセンター/エッジシミュレーションを可能にするチャネルモデリング
  • LTE Advanced Pro対応

課題:新しいモバイルインフラ技術で最適化されたパフォーマンスを確保

容量の継続的な増加に対する需要により、モバイルワイヤレス通信事業者は、ネットワーク容量の大幅な拡大を迫られています。サービスプロバイダーは、エンドツーエンドのサービスクオリティを保証しつつ、ユーザーあたりのスループットを増やさねばなりません。ベンダーは、通信範囲を拡大するだけでなく、ネットワーク容量を増やす新しい技術を導入し、ラボテストに新しい課題を持ち込んでいます。

ソリューション:LTEエミュレーションによるエンドツーエンドのQOS検証

イクシアのXAir2ロードモジュールでは、LTEユーザー機器(UE)エミュレーションにより、強力なIxLoad eNodeBレイヤー1~7テストが可能です。複雑なUEモデリングによって現実的なトラフィックモデルとコールパターンも簡単に設定できます。IxLoadの現実に即した加入者モデリングにより、テストの実行者が、リアルなテストを作成するプロトコルの専門家である必要はありません。1つのツールで、容量テスト、セルスループットの把握、音声と動画のクオリティ測定、幅広いモバイルシナリオのモデリングが可能です。

製品の機能

  • 主要なキャリア4社
  • FDDとTDD全二重通信を各キャリアで選択可能
  • LTE-Advancedキャリアアグリゲーション(2CA~4CA)
  • 5、10、15、20 MHzのチャネル帯域幅をサポート
  • CPRIラインレート3、5、7(2457.6~9830.4 Mbit/s)をサポートする4本のCPRIポート
  • SISO、2x2、4x4 MIMOのアンテナ構成
  • TM1~TM4の伝送モード
  • 最大ダウンリンク256QAM、アップリンク64QAM
  • 高精度のStratum 1 10MHzクロックを内蔵
  • UEカテゴリー1~6、9~12をサポート
  • NAS/PDCP圧縮/暗号化
  • 完全なDL/UL HARQ機能
  • セミパーシステントスケジューリング
  • CBRS 3.5GHz帯をサポート
  • イクシアのWideband Radio(400 MHz~6 GHzにある帯)をサポート
  • ハンドオーバーおよび再接続のシナリオで移動性を検証
  • 標準およびカスタム仕様のチャネルモデリング機能
  • 何千台ものUEをシミュレート
  • MIB/SIBパラメータを自動設定
  • EPCシミュレーションでeNodeBを隔離してテスト可能
  • VoLTE/ViLTE、HTTP、FTPなど、IxLoad音声、動画、データプロトコルのアプリケーションサポート
  • Tcl、Python、Rest APIスクリプトによる自動化