利用可能なデータシート:

IxVeriWave WaveBlade

IxVeriWave WaveBlade Wi-Fi(WBW/WBA)およびWaveBladeイーサネット(WBE)モジュールはトラフィックの生成とパフォーマンス分析(TGA)をマルチパスチャネルエミュレーション機能とともに単一プラットフォームに統合します。 WaveBladeラインカードは、Wi-Fiのアクセスポイント(AP)レベルとデバイスレベルでの機能テスト、相互運用性の分析から、広く展開された802.11ネットワークのインフラストラクチャでの拡張性のテストに至るまでのテストを実施するためにIxiaのWT92とWT20のシャーシ内で使用されます。

個々のWaveBladeのテストポートは、最高500までの完全に独立したステートフルのクライアントからのトラフィックを作り出します。 WaveBladeのWi-Fi802.11 a/b/g/n/acシリーズは業界有数のIEEE 802.11のワイヤレスLAN(WLAN)ネットワーク製品の機能およびパフォーマンステストを提供します。 WaveBladeのWi-Fiモジュールは、802.11 AP上の複雑なMIMOプロパゲーションとコントローラの効果を、個々の個別クライアントをIEEEで定義されたチャネルエミュレーションモデルに影響させることで測定します。

WaveBladeイーサネットサーバモジュールは、イーサネットベースのネットワーク製品を審査するために完全なレイヤー2-7のソリューションを提供します。 APやブロードバンドホームゲートウェイ、コントローラ、スイッチ、そしてルーターなどのネットワークインフラストラクチャのテストのためにデザインされた個々のWaveBladeのWi-Fiポートは、何百の個別イーサネットクライアントまたはサーバーからワイヤスピードで完全にインターリーブされた、マルチプロトコルのIPトラフィックを生成します。

WBW/WBAおよびWBEモジュールは、複雑な有線および無線のネットワーク環境をシミュレートし、完全な機能と大規模なテストを実施するためにシームレスに連携して機能します。