機能

Extra Performance

Reduced Performance

Load Modules

  • LSM10GXM8S-01
  • LSM10GXM4S-011
  • LSM10GXM2S-011
  • LSM10GXM8GBT-02
  • LSM10GXMR8S-01
  • LSM10GXMR4S-01
  • LSM10GXMR2S-01

モジュールあたりのポート数

8 / 4 / 2

8 / 4 / 2

モジュールあたりのシャーシスロット数

1

1

シャーシあたりの最大ポート数

XGS12-SDおよびXGS12-HS ラックマウントシャーシ

96 / 48 / 24

96 / 48 / 24

XGS2-SDおよびXGS2-HS 3U シャーシ

16 / 8 / 4

16 / 8 / 4

XM2 デスクトップ

16 / 12 / 8 / 4

16 / 8 / 4

対応トランシーバー

(optical and copper)

SFP+、RJ-45 10GBASE-T

SFP+、RJ-45 10GBASE-T

Per-port CPU speed and memory

1GHz、1GB

400MHz / 128MB

Per-port capture buffer

512MB

64MB

Interface protocols

10GbE LAN/WAN

10GbE LAN/WAN

レイヤ 2/3 ルーティング プロトコル エミュレーション

Yes

Yes

レイヤー4-7 アプリケーショントラフィックテスト

Yes

No

ポートあたりの送信フローの数(連続した値での設定)

数十億

数十億

ポートあたりの送信フロー数(任意の値)

100万

32000

ポートあたりのストリーム定義の数

512

256

パケットストリーム(連続)またはアドバンスストリーム(不連続)のモードでは、個々のストリームの定義が何百万ものユニークなトラフィックフローを生み出すこともできます。

Number of trackable receive flows

100万

64000

Table UDF

100万エントリ

32000

多数の高度なフローをエミュレートするパケット編集機能。 UDFは256バイトまでのエントリでき、ストリーム内の指定オフセットに配置することができます。 それぞれのリストは、表形式で、オフセット、サイズ、数値のリストからなっています。

Packet flow statistics

Track 1 million flows

Track 64 K flows

Transmit engine

タイムスタンプ、シーケンス番号、データ整合性、およびパケットグループを搭載し、ワイヤスピードでのパケット生成

受信エンジン

個々のパケットグループ、データの整合性、シーケンスの確認のためのワイヤスピードのパケットフィルタリング、キャプチャリング、リアルタイム・レイテンシーと到着時刻間隔

ユーザー定義のフィールド機能

Fixed, increment or decrement by user-defined step, value lists, range lists, cascade, random, and chained

フィルタ

48ビットSource/Destinationアドレス、2x128ビット ユーザー定義パターン、フレーム長の範囲、CRCエラー、 データの整合性エラー、シーケンスエラー(Small, Big, Reverse)

ストリームあたりのデータフィールド

Fixed, increment (byte/word), decrement (byte/word), random, repeating, user-specified

統計およびレート(カウンターサイズ: 64ビット)

リンク状態、回線速度、送信フレーム、受信有効フレーム、送信/受信バイト数、フラグメント、アンダーサイズ、オーバーサイズ、CRCエラー数、VLANタグ付きフレーム、ユーザー定義統計、キャプチャトリガー(UDS 3)、キャプチャフィルター(UDS 4)、ユーザー定義統計5、ユーザー定義統計6、8 QoSカウンター、データ整合性フレーム、シーケンス確認フレーム、シーケンス確認エラー、ARP、Ping要求および応答

エラー生成

CRC(良/不良/なし)、アンダーサイズ、オーバーサイズ

レイテンシー測定

パケットタイムスタンプに10nsの分解能

自己レイテンシー校正

MSA対応の10GEトランシーバーを使用した場合、10GEポートからトランシーバー固有のレイテンシーを排除する機能

送信ラインクロック調整

以下の範囲で、100万分の1(ppm)の周波数を調整する能力:

LANモード: -105から+105ppmまで

WANモード: -30から+30ppmまで

IPv4, IPv6, UDP, TCP

ハードウェア・チェックサムの生成と確認

フレーム長制御

Fixed, random, weighted random, or increment by user-defined step, random, weighted random

運用時の温度 範囲

周辺温度41°F~95°F(5°C~35°C)

主な特徴
  • Ixiaの12スロット付きラックマウントシャーシあたり96ポート
  • スケールとパフォーマンスの高いL23プロトコルエミュレーション
  • ポートあたり100万フローまで追跡および分析が可能
  • 包括的なレイヤ2-7テスト
  • 洗練されたマルチプロトコルのカプセル化とラベルのスタッキング
  • IxNetwork、IxLoadおよびIxExplorerアプリケーションとオートメーションサポート

Ixiaの10 Gigabit Ethernet LSM10GXMテストロードモジュールは、業界屈指の高密度でリーズナブルなレイヤー2から7の10ギガビット・イーサネットIPテストソリューションを提供します。 NGYファミリーは、予算の限られた少ないポート数のレイヤー2/3のアプリケーションから多ポートのテストラボ、QA、またシステムテストアプリケーションの両方をサポートします。 NGYはデータセンターインフラストラクチャのテストと10GbEのスイッチテストベッドの両方に最適です。 NGYロードモジュールはIxiaのデータセンターのテストアプリケーションを利用して、多ポートテスト、仮想DUTへのテスト、各種プロトコルカバレッジでリーズナブルなテストソリューションを提供します。

NGYはIxiaシャーシと合わせて使用することで、より環境にやさしいテストができるようになります。ラボのスペースは4分の1ですみ、消費電力は半分で、他のテストソリューションに比べて熱量の発生が低いからです。 NGYは御社のニーズと予算に応じて、2/4/8ポートの中から選択出来ます。また、フル機能をサポートしたモデルと機能を限定したモデルを用意しています。 価格設定、インターフェイス、機能のオプションでこれ以上に広範囲な10GbEのデータ通信テストソリューションを提供しているベンダーは他にありません。