Specifications

  • SNMPとSyslogアラートによる、マルチキャストの差異およびシーケンス外の検出
  • Integrated with Geneos Netprobe from ITRS, delivering a simple, consolidated view of multicast sequence gaps and microburst events on any Geneos dashboard.
  • 100 μs間隔までのマイクロバースト検出およびユーザーが選択可能なしきい値
  • Feed Health Monitoring to detect and alert on the absence of data feed traffic
  • Streaming of traffic statistics broken down by feed to 100μs resolution
  • Smart Feed-Aware Filtering via drop down menus
  • Copying of data – e.g., an input port can feed two or more output ports
  • データの切り替え - どの入力ポートも出力ポートに切り替え可能
  • Aggregation of data – multiple input ports can feed a single output port; not recommended for latency-sensitive applications.
  • 過去24時間のフィード異常をグラフ表示
  • 各スクリーンに詳しいヘルプスクリーンがあり使い勝手が良い
  • Can be fed from either network taps (preferred) or SPAN ports on Ethernet switches, or via static IGMP joins
  • High reliability with 100% solid state device; no hard disks to fail

Feature

詳細

入力(ネットワーク)ポート

4(10Gbpsファイバー、1Gbpsファイバー/銅、100 Mbpsのいずれか)

出力(モニタリング)ポート

4(必要に応じてデータキャプチャデバイスへのフィードに使用)。

タイムスタンピング

Events time stamped to one-microsecond accuracy

タイミング入力

PTP – IEEE1588またはPPS(外部クロックソースと同期化するため)またはNTP

タイミング出力

PPS(必要に応じて外部キャプチャデバイスと同期化するのに使用)

各入力ポートでモニタリングできるマルチキャストフィードチャネルの最大数

1000

モニタリングできるマルチキャスト
フィードチャネルの最大数を
集計

1000

ポート当たりでモニタリングされたメッセージの最高データ転送速度

15 Mメッセージ/秒

モニタリングされるメッセージの
最大数を集計

60 Mメッセージ/秒

Event Reporting Syslog, SNMP, and ITRS Geneos
Meta Data Streaming Gap Alerts and Traffic Statistics (0.1 msec resolution)

電源

110/220/240V AC, with average power consumption less than 125W per TradeView device

コンプライアンス

RoHS, EN61000, IEC61000, IEC 60950, and UL60950
Security Authentication RADIUS and TACACS+

寸法

1U高さ

インチ:長さ:17.5 幅:17 高さ: 1.75 (CM: 高さ:44.5 x 幅: 43.2 x 高さ: 4.4)

重量

11.25 lbs (5.1 kgs)

Supported Feeds

Over 200 feeds are supported, including TMX Alpha, AQUIS, ASX24, BATS BYX, BZX Equities, BZX Options, EDGEA and EDGEB, BATS CHI-X Europe, BMV (Mexico), CBOE, CBOT, CFE, NASDAQ CX2 and CXC, BM&F Bovespa, Borsa Italiana (Main and TAH), CME (BM&F, BMD, COMEX, CTA, DME, NYMEX and MEXDER), Hong Kong Exchange(Orion), JSE, KCBT, KOSPI, KOSDAQ, KRX, Eurex, Euronext Cash and Derivatives Markets, ICE, ISE, LSE, MICEX, NASDAQ OMX, NLX, NYSE (multiple venues), OPRA, OTC, SIX, STRIKE Microwave Network, TMX, TMXV, TMX Select, Tokyo Stock Exchange, Turquoise, UTP, CTS/CQS, and Xetra.

Check with your Ixia sales representative for the latest list of supported feeds.
主な特徴
  • 最大ラインレートが10Gbpsのネットワークラインを4つ監視
  • 0.1ミリ秒までのトラフィックの統計レゾリューションを提供
  • チャネルの健全性におけるアラートを発信
  • マイクロバーストを確実に検知
  • 小さな1Uのフォームファクタを誇る
  • 素早く簡単に、フィードデコーダーのソフトウェアを更新

市場データフィードの質:健全性の確認

問題点:市場データフィードの品質の歴史:健全性の監視は遅くて高価

リアルタイムの市場データフィードの質の低下を素早く検知することは、複雑な作業で、洗練されたツールが必要です。 従来、企業組織はメンテナンスが難しい独自のソリューションや、高価な取引監視ツールや、酷いときには適切なエラー修正メカニズムが欠けている技術に頼ってきました。 結果:決断は遅く、欠点修復には時間がかかり、高価な処理と、アプリケーションとネットワーク業者チーム間のコミュニケーションがおろそかになりました。

ソリューション:展開が簡単で、返答が早いリアルタイムのフィード

IxiaTradeViewは独特なネットワーク監視ツールで、リアルタイムの市場データフィードを追跡するようにデザインされています。 展開が簡単で、瞬時にマルチキャストのシーケンスのギャップやマイクロバーストを検知し、300以上のフィードのやり取りを監視する高性能監視能力のためのデコーダーが組み込まれています。 サーバーベースのソリューションに比べて約半額で、TradeViewは低い所有コストで実現でき、高価な社内用マルチキャスト・ギャップ・ツールを購入する必要がなくなります。 素早く欠陥を検知する能力のおかげで、フィード交換の問題に高速に対応できます。