Architecting For Security Resilience

ホワイトペーパー

セキュリティ復元力のための設計

ネットワークセキュリティに対して継続的な投資が必要です。 加速する脅威に対し、企業は最先端のセキュリティを年に何度も追加、メンテナンス、アップグレードしなければなりません。 かつてはファイアウォールだけだったものが、今では次世代ファイアウォール、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)、侵入検知・防御システム、フォレンジックツールなどがあります。 ネットワークを保護するためにセキュリティツールを購入します。しかし、ツールを保護するための対策はありますか?ベンダーでは、企業がライブトラフィックを検査するためにトラフィックフロー上(インライン)にセキュリティツールを設置することを推奨しています。

このホワイトペーパーでは復元力の高いインラインセキュリティフレームワークを展開するベストプラクティスのガイドラインをご紹介しています。 結果的に、ネットワークのダウンタイムを減らし、ネットワークへの影響ゼロの更新ツールが有効になり、セキュリティへの投資の耐用年数が延長されます。