Are Wireless Medical Devices "Hospital Grade?"

ホワイトペーパー

医療用モバイルデバイスは「ホスピタルグレード」か? 現代の医療WLANの課題への対応

Wi-Fi対応医療デバイスは非常に早いペースで普及しています。 市場の爆発的な成長は、「スマートな」輸血ポンプの登場、電子診療記録(EMR)へのユビキタスなモバイルアクセス、(従来の独自規格のネットワークではなく)標準規格ベースのネットワークの使用により実現したコスト削減により、さらに加速されています。

モバイルデバイスは台数が増えて複雑さを増しているだけでなく、医療施設内における利用形態も急速に進化しています。 かつては主に優先度の低いデータに使用されていたWi-Fiは、現在では「ホスピタルグレード」の接続性、セキュリティ、モビリティを必要とする、重要なリアルタイムの音声、動画、医療アプリケーションの伝送に使用されています。

IxiaはIntegra Systemsの優れた医療ITコンサルタントであるDavid Hoglund氏とパートナーを組み、増え続けるリスクと台頭するモバイルメディカルデバイスのパフォーマンスを保証する戦略に関する調査を行いました。このホワイトペーパーでは多様な課題の概要を紹介します。 利用形態の変化、RF無線戦略の最適化、規制指令の変更、固有の病院環境などの多様な課題です。 また、新しいデバイスに対して、リスクを最小限にし、コストを低減し、エンドユーザー体感を最適化するテストを実施するための、ベストプラクティスの進化について概要が記されています。

学ぶこと:

  • モバイル環境への移行における課題 
  • ヘルスケアWLAN展開の進化をどう定義するか 
  • ワイヤレス対応医療機器の新しい利用形態 
  • 無線戦略における誤った考え 
  • FDA 510k規制の認可手順 
  • ANSI/AAMI/IEC 80001-1:2010標準の準拠
  • 「ライフスタイルテスト」の基本
  • 実績ある方法
  • 基本的なテスト機能
  • 医療機器ライフサイクルのためのテスト 

モビリティにおける技術革新は今後も進みます。低パフォーマンスが要因となるリスクがある場合は、効果的に被害を抑えることができます。 詳細についてはこのホワイトペーパーをダウンロードしてください。