BYOD Mitigation Starts in the WLAN

ホワイトペーパー

WLANにおけるBYOD導入開始時の影響の軽減

BYODと場所や時間を問わない接続性は現在では当たり前のものになっています。 さらに、どんなデバイスからでもあらゆるアプリケーションを実行できることが期待されます。 BYODには明らかに利点がありますが、BYOD戦略の採用は企業にとって新たなリスクもあります。

パフォーマンスおよび全体的なユーザー体感は、ネットワークの能力に制限されます。 パフォーマンスと予測可能性を維持するには、WLANのアクセスポイント(AP)、コントローラ、ユーザー/クライアント デバイス自体によるエコシステムが同期して機能しなければなりません。混在しているデバイスとアプリケーションは、日によって、また時間帯によって異なるからです。

このホワイトペーパー「WLANにおけるBYOD導入開始時の影響の軽減」では、この分野におけるIxiaの専門家がBYOD軽減テクニックと開発全体における検証の重要性について説明します。また、重要なのは、新しいAPとコントローラを市場に導入する前に、ライブネットワークにおけるデバイスのパフォーマンスと影響を評価することです。

学習内容:

  • 特定のデバイスのアクセスを拒否するべき状況とは
  • ネットワークで特定のデバイス、アプリケーション、ユーザーを禁止、速度制限、優先する方法
  • ネットワークの規模が拡大し、アプリケーションの使用量が増えた場合の、QoSと優先スキームを進化させる方法
  • BYOD負担軽減の進化ベストプラクティスとは
  • BYOD導入前のパフォーマンス検証の実施方法

Wi-Fiスループットの設計とフィールド展開の前にテストする様々なテクニックについて学びます。 今すぐこのホワイトペーパーをダウンロードしてください。