White Paper: Fast Breach Mitigation Without Network Disruption

ホワイトペーパー

ネットワークの混乱を起こさずに、素早く侵害を軽減する

最近発表されたVerizonの報告によると、違反の約68%は数日間の間に起きているということです。* Ponemon Instituteは、これらの攻撃を解決するのに平均46日間かかり、同様の問題を解決するのに要していた時間は過去6年間で30%増えたと報告します。

頻度が増えているということが明らかになると、危機を素早く軽減するためにはその発生場所とどのデータが侵害されたかを知ることから始まります。

この洞察に満ちたホワイトペーパー、ネットワークの混乱を起こさずに、素早く侵害を軽減するでは、この件に関するIxiaの専門家が、必要なデータをどこで、どのようにして取り込むか、そして正しいツールでどれだけ早くとらえることができるかについて説明します。  

学べる内容:

  • ネットワークの危機への素早い対応を妨げる、致命的な5つの問題点は何か。
  • 素早い対応機能を可能にするのもは何か、サイバー攻撃への対策強化アプリケーションは何か。
  • ネットワークデザインの中の可視性アーキテクチャの役割は何か。
  • 浮遊フィルタとは何か、ツール側での効果は何か。
  • 検証可能な結果を得られる簡単なソリューションを入手するにはどうするか

侵害が起きてからでは遅すぎます。 短時間で優れた決断をするために必要な洞察とツールを入手します。

 

*出典:
2016 Verizon Digital Breech Investigations Report
Ponemon Institute’s 2015 Cost of Cyber Crime Study