IxVision White Paper

ホワイトペーパー

可視性とセキュリティの盲点をなくす

ZK Researchによると、85%の平均修復時間(MTTR)は実際に問題があることを確認するために使われる時間であることが示されています。 企業のIT部門がすばやく問題を特定できなければ、おそらく、不満を抱えた顧客から継続的に問題について問い合わせが殺到することになるでしょう。 MTTRの時計が時間を刻みだしたら、ITが問題があるかどうかを把握しているか全くわかりません。

ネットワークのパフォーマンスを、ネットワークオペレーション、アプリケーションオペレーション、セキュリティ管理、サーバー管理、科学調査、プライバシーや監査など各チームのパフォーマンスの見解を管理しようとするアプローチを通じてネットワークが速くて、信頼でき、安全であることを確かめようとする場合、おそらく各チームが自分たちの分析またはモニタリングツールセットを購入することになるでしょう。 多くの場合、そういったソリューションでは問題は解決せず、のしかかる脅威に潜む盲点が特定されないまま残ります。

この洞察力に富んだホワイトペーパー、IxVision: 可視性とセキュリティの盲点をなくすでは、パブリックやプライベートのクラウドコンピューティングにシフトをもたらすという一大変化、仮想化ネットワーキング、また増加を続ける接続デバイスの数について知識を深めることができます。

学べる内容:

  • 良い可視性セキュリティのコンポーネントとは。
  • IXVsionで、問題の特定、隔離、修復時間をはるかに改善するとともにどのように100%のROIを得られるか。
  • 多数あるコンプライアンス命令にどのように効果的に適合できるか。
  • エンドツーエンドの可視性を、物理ネットワーク、仮想ネットワークともに達成する。

まとまりのないセキュリティと可視性へのアプローチにより不測の問題が引き起こされるまで待たないことです。 このホワイトペーパーをお読みいただき、優れた意思決定に必要なインサイトを得ましょう。

他のリソース