European Service Provider Case Study

ケーススタディ

サービスプロバイダが20万ドルを節約し、規制コンプライアンスを実現

ヨーロッパにあるモバイル通信サービスプロバイダは、アプリケーションを強化し、顧客のサービスの質 (QoS) を改善して、規制コンプライアンスのために合法的傍受情報を提供するための可視性ソリューションを探していました。 ソリューションを機能させるため、サービスプロバイダは最高100GEの転送速度でデータをキャプチャおよびフィルタする必要がありました。

さらに、高速データは既存の低速10GEツールに対して分割して送信する必要がありました。 これには、合法的傍受ツール、さらにNetScout™および、ネットワークおよびアプリケーションパフォーマンスモニタリングに使用するその他のツールが含まれていました。 同社はコアネットワークを100GEにアップグレードしたばかりだったので、設備投資(CapEx)予算はほぼ尽きていました。 このケーススタディを読んで、このサービスプロバイダがどのように既存のツールの寿命を延長させ、20万ドルも節約したかをご覧ください。