Ixia Cloud Solution

CloudLensプラットフォームを使ってAmazon Web Services (AWS) アルファトライアルに顧客が追加された場合の通知を受信されたい方は、こちらにご登録ください。

クラウド可視化プラットフォーム

CloudLens™プラットフォームは可視化への完全な転換の始まりです。

クラウド展開の利点はたくさんありますが、仮想トラフィックのアクセスやモニタリングが課題です。 仮想トラフィックへの粒度の細かいアクセスがないと、アプリケーションパフォーマンスやセキュリティに障害を来すネットワークの盲点に悩まされるかもしれません。

CloudLensプラットフォームはパブリック、プライベート、ハイブリッドクラウドなど、クラウド環境に無類の可視性を提供します。 プラットフォームは仮想タップやデータフィルタリングをスケールするフレームワークを提供し、クラウド顧客が期待する弾力的な需要を満たします。 

Cloud Visibility Platform Image
Public Clouds Image

パブリッククラウド

HyperScale展開は要求に応じて常に構成を変更することが特徴です。 リソースプーリングや柔軟なスケールはクラウドのバリュープロポジションの一環ですが、仮想トラフィックフローを同じスケールで監視する機能には限りがあります。 

IxiaのCloudLensプラットフォームはクラウド顧客がマルチテナントのセルフサービスモデルに期待する弾力性のある要求に対して、可視性のあるフレームワークを提供します。 CloudLensプラットフォームによるモニタリングタップの展開は、素早く、わずか数分で実行されます。

強力な埋め込み式オートメーション機能のCloudLensプラットフォームにより、仮想タップと分析ツールを、要求または失敗の変更に応じて自動的にシフトします。オペレーターによる最新情報のアクションは必要ありません。

CloudLensプラットフォームは、南北東西両方向のトラフィックに可視性をもたらします。

 

顧客のクラウドで分析ツールを直接仮想化することで、仮想データのために中央化された物理的分析ツールまでトンネリングしたくない顧客に対し、大幅な帯域幅を節約するというオプションが与えられます。

 

CloudLensプラットフォームは、パブリッククラウドリソースを拡張する際にも、過剰な自動化やインフラ管理の責任を負うことなく、クラウドネットワークの可視性をダイナミックに拡張可能です。 

Public Cloud Visibility Image
Private Cloud Image

プライベートクラウド

プライベートクラウドは構築において多様なハイパーバイザーを使用します。  CloudLensプラットフォームは、OpenStack KVM、VMWare ESXiおよびNSX、近い将来にはMicrosoft Hyper-Vの環境における仮想トラフィックのインテリジェントモニタリングをサポートします。仮想ネットワークタップ、パケットとアプリケーションのフローフィルタリング、高度アプリケーション識別と地理的位置を備えたNetflow、SSL暗号化、重複のパワーを組み合わせ、物理および仮想の両方の環境でネットワークトラフィックに前例のない洞察を提供します。 

CloudLensプラットフォームはプライベートクラウド展開において最大の網羅を実現するために、GRE、VLANおよびERSPANを含む、複数のタッピングオプションとトンネリングオプションを提供します。 

ハイブリッドクラウド

現代のほとんどの企業はパブリックまたはプライベートクラウドの環境だけに頼ることはできません。そこでハイブリッドのアプローチを採用しています。 プライベートクラウドで行うのと同様に、パブリックのクラウドリソースのデータもまたモニターする必要があります。  CloudLensプラットフォームでは、集中化したツールのセットに仮想データをトンネルする、あるいは各クラウド内の仮想化ツールを活用するという、どちらかの選択肢があります。  

 

ハイブリッドリソースを選択すると最大の柔軟性がもたらされます。  モニタリングも同様に選択してください。   最大範囲にわたるクラウドプロバイダのオプションと最大限の柔軟性を伴うモニタリングオプション。企業はプライベートクラウドからパブリッククラウドに切り替えるパスを手に入れることができます。

Hybrid Cloud Image

パブリック、プライベート、あるいはハイブリッド。いずれを選択されてもクラウドトラフィックにネットワークの可視性を得ることができます。 上記セキュリティの実施例については、製品ページとお問い合わせをご覧ください。