IxSecureアーキテクチャ

360°のセキュリティのためのアーキテクチャ

IxSecureは、既存のセキュリティツールをパワーアップする強力なSecurity Fabric™を有効にしアクティベートしながらセキュリティの強さをテストし、アプリケーションやネットワークを強化します。

IxSecure

セキュリティテストプラットフォーム

展開前にセキュリティを検証

開発中に、IxSecureのセキュリティテストプラットフォームはネットワークセキュリティの設定、インフラストラクチャ、アプライアンスを、37000件以上の攻撃、3750件以上のスーパーフロー、330個以上のネイティブアプリケーションという、業界で最も総合的なリアルワールド脅威環境を使って検証します。

ライブネットワークを安全に保護

運用中は、IxSecureのセキュリティファブリックがコンテキストアウェアネスとセキュリティインテリジェンスを使って、重複を排除した非常に関連性の高いトラフィックを、暗号化されている場合でも、インラインと帯域外のセキュリティアプライアンスに届けます。

セキュリティファブリック

 

IxSecureの詳細


テスト、可視性、データインテリジェンスがどのようにセキュリティを変え、360°の保護を提供するかご覧ください。

IxSecure: 360 Degree Security Protection
セキュリティ強度をテスト

 

セキュリティ強度をテスト

絶えず更新され続ける多種多様なセキュリティ脅威に抵抗するネットワークとアプリケーションのセキュリティパフォーマンスをテスト。 セキュリティベンダーが使用しているのと同じ現実的な攻撃を使ったネットワークのプレッシャーテスト。

セキュリティファブリックを統合

 

セキュリティファブリックを統合

コンテキストアウェアネス、復元力、データ分散エンジンのあるシンプルな可視性の先を見据えて、データアクセスを最適化して分析とセキュリティツールの効果を高めます。

セキュリティインフォグラフィック

テストをひとつ飛ばすことの代価は?
ローンチに急ぐあまり、最終的なセキュリティテストをスキップしたい誘惑に狩られるかもしれません。 テストを飛ばすとどれだけの代価を支払うことになるかをご覧に入れましょう。

ATIホワイトペーパー

インテリジェンスフィードはなぜ重要か
 脅威インテリジェンスフィードはすべて同じだとお考えですか。コンテキストが問題になります。 計り知れません。 脅威インテリジェンスフィードで何を探すべきかをお見せします。

ウェビナー

見えないものは保護できない
ウェビナーにて、業界アナリストのZeus Kerravala氏とIxiaのエグゼクティブが、妨げるもののない可視性がネットワークセキュリティにいかに重要か会談します。

ATI Graphic

アプリケーションと脅威インテリジェンス(ATI)リサーチセンター

360°セキュリティインテリジェンスを動かしているIxiaのATIリサーチセンターは、世界中から集まったアプリケーションおよびセキュリティの研究者のエリート集団です。 その専門知識はソフトウェア開発、L2-7テスト、リバースエンジニアリング、脆弱性評価・改善、マルウェア調査、インテリジェンス収集にまで及びます。 こうした知識を結集し、セキュリティおよびアプリケーション強化のため、プロトコルから、また、ローディング、脅威を通じて、現実的なアプリケーションの攻撃を考案します。

Ixiaがセキュリティインフラストラクチャを強化する方法の詳細は、セキュリティスペシャリストにお問い合わせください。