インテリジェントな可視化により、ネットワーク・アプリケーションのパフォーマンス監視、ならびにセキュリティトラフィック監視ツールを最大限活用できるようになります。

インテリジェントなネットワークの可視化により、IT部門はネットワークセキュリティを強化し、監視コストを削減し、ROIを向上させ、ネットワークパフォーマンスを最適化できます。イクシアは、アウトオブバンド(パッシブ接続)による監視をより円滑に行うために、パケットを取りこぼすことなくコピーできる物理ネットワークタップ仮想ネットワークタップ、ならびにネットワークデータを最適な形で各監視装置に配分するためのネットワーク パケットブローカー を幅広く取り揃えております。

  • 可視性とセキュリティの向上
  • ダウンタイムの削減
  • モニタリング費用の削減
  • 大幅な投資利益率(ROI)
ネットワーク可視化
ネットワーク可視化で盲点をなくす

盲点をなくしてネットワーク監視を改善

データがモニタリングおよびコンプライアンスツールに到達するまでに失われた時、またはセキュリティインシデントデータが埋もれてしまう場合に、盲点は生じます。ネットワーク規模に適切なットワークパケットブローカーを使用していないか、あるいはDLPやSIEM、ロギングツール、プロトコルアナライザなどのツールとの接続性欠如によって、過度に負担のかかるSPANポートが原因で盲点が発生する可能性があります。多くの場合、こうした盲点は、ネットワーク障害やパフォーマンス問題、セキュリティ違反、コンプライアンス問題を引き起こす原因になります。こうした問題を最も簡単に解決する最善の方法は、業界で最も信頼されているネットワークTAP製品と最も高性能のネットワークパケットブローカーによってスケーラブルな可視化アーキテクチャを実装することです。

イクシアのネットワークタップ とネットワークパケットブローカーソリューションがいかにネットワークの盲点をなくすのか、ご覧ください。

コンテキストアウェアネスによって、ネットワークパフォーマンス監視機能を強化

コンテキストアウェアネス機能によって、ネットワークオペレーションが大きく改善します。コンテキストアウェアなデータ処理を行うことで、正しいデータがデータ重複、パケットトリミング、バースト保護、そして特にアプリケーションレベルのフィルタリングを通して、正しいツールに配信されます。こうした機能の組み合わせが、セキュリティ違反の兆候の特定やユーザーやデバイスの地理的位置の把握に役立ち、トラブルシューティングを改善できます。

Maximizar las inversiones en herramientas de monitorización

モニタリング・ツールの投資最大化

ネットワークの管理と保護は多数のモニタリングおよびセキュリティ・ツールをインストールするだけではありません。 これら価値あるツールをどのように展開するかによってツールの有効性に大きな違いが現れます。 インテリジェントな可視化フレームワークは各モニタリング・ツールが大切なデータをより良く見、より焦点を当てることができます。

Ixiaが各種モニタリングソリューションにどのように対応するかについて、以下をご覧ください。

 

ご登録いただくと、関連情報をお知らせいたします。

 

Maximize Network Performance to See the Whole Picture

ネットワークパフォーマンスを最大化して全体像を把握

ITのセキュリティツールや分析ツールはデータが見えなければ意味がありません。パフォーマンスは重要です。既存のソリューションにドロップしたパケットがあるからといって、部分的な可視性で妥協するわけにはいきません。ツールがネットワークを適切に監視するには、完全な可視性が必要です。

さらに、プロアクティブに監視することで、ネットワークを実際にテストし、必要に応じていつでもネットワーク/アプリケーションのパフォーマンスを検証し、SLAを測定できます。

これまで見逃してきたデータもIxiaがキャプチャし、どのようにネットワークパフォーマンスを最適化するか、ご覧ください:

可視性によって規制準拠を強化、

ネットワークの可視性可視性とデータ管理の向上は規制準拠の強化につながります。それには、PCI DSS、HIPAA、合法的傍受、その他様々なコンプライアンス・イニシアチブが含まれます。重要なのは、適切なデータを以下にキャプチャし、それをセグメント化して適切な場所にどう配信するかということです。

Ixiaがどのように規制準拠強化を支援するのか、ご覧ください:

Reduce Your Network Downtime and Mean Time to Repair

ネットワークのダウンタイムと修復までの平均時間を短縮

セキュリティ侵害や障害発生時は一刻を争います。可視化アーキテクチャでは、ネットワークのダウンタイムが削減できます。ネットワークにタップとネットワークパケットブローカー(NPB)があれば、ネットワーク変更の承認時間と、トラブルシューティングのためのクラッシュカートの使用が劇的に削減されるのです。プロセスも機能も、特にリモートアクセス機能を使えば格段に速くなります。

Ixiaが、ダウンタイムを削減するために必要なソリューションをどのように提供するのか、ご覧ください:

Tap Into Your Data Where and When You Need It

必要な時に、必要な場所からデータにタップ

ネットワークの可視化は、物理ネットワークと仮想ネットワーク(パブリックとプライベートの両方)から適切なデータをキャプチャして、ネットワークをより深く理解するところから始まります。

必要なデータは、ネットワーク内の場所を選びません。データの取り出しが必要な場所で、必要な物理タップと仮想タップを展開してください。その結果、監視ソリューションには適切なデータが送られ、それを必要な時に適切なツールに配信できるようになります。

Ixiaはネットワークタップ市場ナンバーワンです。 Ixiaがどのようにネットワークへのタップを可能とするのか、ご覧ください:

ケーススタディ:携帯型遠隔通信プロバイダ費用20万ドル削減

ケーススタディ:携帯型遠隔通信プロバイダ費用20万ドル削減
Ixiaの可視性ソリューションは認められた妨害とQoS能力を向上すると共に、全体的なモニタリング・ツールの費用を削減しました。

ケーススタディ:会社は68万ドルの費用削減すると同時にセキュリティ向上

ケーススタディ:金融機関はインラインツールからさらに入手
Ixiaの可視化ソリューションはある会社の重要な顧客データのセキュリティを改善し、ツール費用で68万ドルの節約をしました。

インフォグラフィック

インフォグラフィック:セキュリティおよびモニタリング・ツールを最大化する5つの方法
可視化アーキテクチャの統合は、モニタリングおよびセキュリティ・ツールの価値向上と耐用年数の拡大に役立ちます。

セキュリティと監視ツールの価値を最大化する。  

詳細はこちらからお問い合わせください。